国際規格 ISO9001:2000認証取得

お電話でのお問い合わせ [受付時間] 9:00 - 18:00[0269-22-3175] メールでのお問い合わせはこちら
  1. ホーム
  2. お客様の声

お客様の声

お客様の声

中野市Tさんご自宅

中野市Tさんご自宅

 土地探しの第一条件は娘が通う学校の学区内であること。希望に合うところをじっくり探していると、以前モデルハウスを見学した中野土建から新しい分譲地ができたという知らせが。学校に近く立地も良かったことから土地購入を決め、念願のマイホーム建築が始まった。シンプルモダンをテーマに白と明るい木目でまとめたT邸。吹き抜けは他社のモデルハウスを見た時、長女が気に入り、「絶対に欲しい」と懇願したもの。日差しがたっぷり差込む広いLDKを可能にしたのは、パナソニックの耐震住宅工法「テクノストラクチャー」だ。木材と鉄を組み合わせたハイブリット梁「テクノビーム」を採用するこの工法は、従来の木造構造以上の強度を保ちながら広々とした空間を実現。吹き抜けと繋がる2階ホールの手すりに透明パネルを使うことでより明るく開放的な仕上がりになった。奥さまの希望はたくさんの収納。「あまり生活感が出ないよう物はすべてしまいたい」と、キッチンには背面収納を用意。それぞれに可動式の棚があり、収納力も申し分ない。またダイニングと繋がる大きなウッドデッキはご主人憧れのBBQスペースに、「さっそくBBQパーティーしました」と、一家団らんのひと時を楽しんでいる。
ナガノの家 2017年春・夏号vol.7より

長野市Sさんご自宅

長野市Sさんご自宅

長女の就学前にマイホームを購入しようと決意した S さんご夫妻が、まず着目したのは工法だった。さまざまな工法を学び、検討した結果、軽量なのに強度の高い梁を用いた「テクノストラクチャー」を選択。「国内最高レベルの耐震等級 3 を満たす点も安心感を覚えました」と振り返る。
もひとつのこだわりはエコ住宅であること。3・8 kW のソーラーパネルを設置しオール電化で生活してみると、居住空間は広くなったのに光熱費はアパート暮らしに比べ 40 %ダウン。エコロジー&エコノミー、そして快適性も実現できた。
 
設計にあたっては、「仕事で不在の時間が長い分、 妻と子どもに優しい家にしよう」と思っていたご主人。その思いは隅々に生かされている。例えばキッチンでの料理中に負担がかか
らないよう、ショールームで疲労感の少ない高さを検討し、標準より5 cm 高いタイプに。子どもたちの様子が伺える吹き抜けも設けた。姉妹の部屋は、どちらも南向きで間取りもまったく同じ。「子どもには平等に」というご主人の育児理念が垣間見える。
 
プライベート空間と共有空間のバランスがいいのも特徴。どの部屋に行くにも一度リビングを通り、家族が必ず顔を合わせる間取りを考えた。 2階にはパブリックスペースを設け、姉妹一緒の時間を過ごせるように配慮。さらに 1 階だけでなく 2 階廊下にも洗面台を設置したのは、「娘ふたりが同時に身支度できるように」と気配りから。この家には、愛する家族への思いやりがぎっしり詰まっている。

ナガノの家 2014年秋・冬号vol2より

中野市Tさんご自宅

中野市Tさんご自宅

白い壁とダークブラウンでコーディネートされた室内が印象的な、明るく開放的な住まい。みんなが楽しく暮らせる家をつくりたかったというご夫妻の希望通り、6歳と2歳の子ども達も、居心地がよく、のびのび遊べるこの家が「大好き!」だと目を輝かせる。
 きっかけは、中野土建が提案したLDKの間取りに奥様がひと目ぼれしたことから。家づくりは、そこを中心に進んで行った。家事をしていても子どもが見えるようにと、オープンキッチンを選んだ奥さまは、美しいキッチンを維持するために、調理台の隣に収納スペースを確保。ごみ箱もそこに納めた。キッチン台から洗面所に続く一直線の家事動線が、見えない仕切りのような役割を果たし、広々としたリビング空間を生み出している。2階には寝室と子ども部屋の他に、 独立した大きなクローゼットルームを設置。おかげで各個室が広々と使えて大満足だ。
  ご夫妻にとって初めてとなった家づ くり。計画を土壇場で変更してもらうことも多かった。「その都度、担当のスタッフの方が嫌な顔ひとつせず対応してくれて」とご主人。ダイニングテーブルのスペースを確保するために、階段下を勾配天井にして部屋を広げた時も、子どもが好きな戦隊フィギュアーを飾
る棚の設置場所を移動した時も...。「一生のお付き合いができる地元企業さんに家をつくってもらって本当に良かったです」と改めて実感している。入居の夜、2階の広い窓からお祭りの 花火が見えた。これからご夫妻は何度、思い出の美しい花火を眺めるのだろう。
ナガノの家 2014年春・夏号vol1より

中野市Sさんご自宅

中野市Sさんご自宅

 明るく清潔感にあふれる白を基調とした室内。「明るいイメージにしたくて、床の色もライトブラウンにしました。また、蓄熱式暖房機一台で、家中が暖かいんです。それに掃除もちょっと掃いたり拭くだけで簡単にきれいになるし、浴室も保温浴槽や追い焚き機能で暖かく入浴できます。標準装備のパナソニック製品のおかげで、暮らしやすくとても満足しています」と笑顔でお話頂きました。
 
2013年 osumai.jp vol.17 春号より

中野市Sさんご自宅

中野市Sさんご自宅

「我が家を訪れた人に羨ましがられるんです」と笑顔で話すS氏。完成見学会に軽い気持ちで立ち寄ったS氏は、丁寧な対応に感激し、その日の内に分譲地も見学した。資金問題などはスタッフのアドバイスでクリアし、住まいへの夢が具体化したという。完全自由設計を生かした間取りや外観を工夫したS邸の特徴は、アクセントを取り入れた外観の他、土間と食品庫とキッチンとをスムーズな動線でつなぎ使いやすくしたり、階段をリビングの外に設けてドアで仕切る事で突然の来客でもプライベートを保てるようにしたことなどだ。また飾り棚のある本格的な和室や長く設計された土間など、S氏のこだわりも実現している。最近、実際に震度5弱の地震を体験した奥様は「棚の耐震ロックが作動し、中の物が落ちずにとても助かりました。耐震性能を実感しました」と語ってくれた。

2012年 osumai.jp vol.15 秋号より

小布施町のSさんご自宅

小布施町のSさんご自宅

三世代が快適に暮らす小布施町のS邸。
地震に強いテクノストラクチャーで建てられた住まいは家族全員が満足している。
S氏の会社の先輩が同社で新築する事になり、何度も話を聞き、自分も実際にモデルハウスを見学。その高耐震性や、高性能な住宅設備、同社の丁寧な対応に「中野土建さんで建てよう」と決心したとか。
両親の住む1階と自分達の住む2階の間取りは、それぞれの希望を取り入れた設計になっている。
1階と自分達の住む2階の間取りはそれぞれの希望を取り入れた設計になっている。1階は床の間付の和室、出窓、縁側を設け、将来の事を考え、トイレスペースを広くした。また、パン作りをしている祖母の希望でガスオーブンが使用できるようオール電化+ガス併用にした。
2階は「広々としたリビングを」という奥様の希望から、勾配天井を採用し、ダイニングスペースの開放的でくつろげるリビング空間を実現。更にいつでも家族のコミュニケーションが取れるよう、リビングを必ず通る設計にしている。


2012年 osumai.jp vol.12冬号より

中野市Nさんご自宅

中野市Nさんご自宅

去年9月に住まいを新築。「本当にタイミングというか縁だったんです」と話すNさん夫婦。
家を建てるため、何者か大手のハウスメーカーで検討していたがなかなか希望通りにならなかった。
そんな時、中野土建のモデルハウスを知り、営業担当の誠実さに触れ「この人になら任せても大丈夫」と思い、同社に決めた。
「価格や仕様も希望通りでした。地震に強くて、しかも完全自由設計で高性能の設備が標準。そんな家を地元の会社で建てられることができ、驚いています」とのこと。

開放感を出すためにリビングをオープンスペースに近い形で設計し、2階にも家族が共有できる書斎を兼ねたスペースを設けた。
また、空気を汚さない蓄熱式暖房機は「上の子がぜんそくなので、この暖房機は暖かく空気もきれいなので助かっています」と話す。
「中野土建さんで建てて本当に良かった。外観の色やデザインも希望通りで理想の住まいになりました」と満足そうに話してくれた。


2010年 osumai.jp vol.4 冬号より


中野土建株式会社
【本社】 〒383-0021 長野県中野市西2-5-11
TEL 0269-22-3175/FAX 0269-22-7855
【長野支店】 〒380-0921 長野県長野市大字栗田1038-8 ゆたかビル204号
TEL 026-227-0021

長野県中野市の中野土建株式会社は、土木、建築、不動産、住宅、リフォームで創業50年以上の実績。
注文住宅、パナソニックテクノストラクチャーをご検討のお客様はぜひモデルハウス展示場に御来場ください

Copyright (c) Nakano Construction.Co,LTD. All rights reserved.